IHI、アンモニア製造から利用までのCO₂排出量可視化へ

  • 印刷
  • 共有
アンモニアCO₂トレーサビリティプラットフォームの概要図(出所:IHI)
アンモニアCO₂トレーサビリティプラットフォームの概要図(出所:IHI)

IHI(東京都江東区)は10月31日、アンモニア製造から利用までのバリューチェーン全体のCO2排出量を可視化する「アンモニアCO2トレーサビリティプラットフォーム」を開発したと発表した。

データ追跡信頼性の高い「ブロックチェーン技術」を活用し、アンモニアの「つくる」「はこぶ・ためる」「つかう」の各段階におけるCO2排出量を算出・記録・可視化し、各プロセスにのCO2トレーサビリティを実現する。同システムを活用することで、バリューチェーン上の各プレーヤーやアンモニアの需要家が、脱炭素の取り組みに関する情報を求めるステークホルダーに対し、CO2排出量・削減量を証明できるようになる。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報