三井住友信託銀のグリーンファイナンスモデル事例、ガイドラインの適合性確認

  • 印刷
  • 共有
(出所:環境省)
(出所:環境省)

環境省は1月19日、グリーンファイナンスにおいて優れた取り組みを評価する「グリーンファイナンスモデル事例創出事業に係るモデル事例」で、2022年度に選定した三井住友信託銀行による「ポジティブ・インパクト評価フレームワーク」についてのガイドライン適合性確認の結果を発表した。

「インパクトファイナンスに関する基本的考え方」、「グリーンから始めるインパクト評価ガイド」、国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)が定める「ポジティブ・インパクト金融原則」「資金使途を限定しない事業会社向け金融商品のモデル・フレームワーク」においてすべて適合することを確認した。

同行モデル性の評価ポイントとは

同行によるポジティブ・インパクト評価フレームワークをモデル事例として選定するにあたっては、以下の4つについて評価を行った。

  1. 実施体制の先進性
  2. 市場に対する波及効果
  3. 効率性
  4. インパクト評価方法の先進性

各評価のポイントは以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報