リコー、使用済みEV電池+既設太陽光で実証事業 EV・HEV電池を組合せ

  • 印刷
  • 共有
実証実験機外観(出所:リコー)
実証実験機外観(出所:リコー)

リコー(東京都大田区)は11月25日、エッジデーターセンターの脱炭素化に向けて、使用済み車載電池を再利用したサーキュラー型の蓄電システムを構築し、既設の太陽光発電(PV)設備と接続した実証を開始すると発表した。

この事業は、電気自動車(EV)とハイブリッド車(HEV)の2種類の電池を組み合わせ、再エネ利用における課題である出力の急変に対応できる安価な組電池技術を開発することで、再エネ利用を促進し、CO2排出量削減に貢献することを目的としている。取り組みの詳細は以下のとおり。

HEV&EV混在の蓄電システムを開発

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報