最新鋭JAC形ガスタービン、水素燃料30%混焼に成功 三菱重工

  • 印刷
  • 共有
水素燃料30%混焼運転実施中の中央制御室の様子(出所:三菱重工業)
水素燃料30%混焼運転実施中の中央制御室の様子(出所:三菱重工業)

三菱重工業(東京都千代田区)は11月30日、同社の実験設備「高砂水素パーク」内にあるガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)実証発電設備(通称:第二T地点)において、最新鋭JAC形ガスタービンによる水素燃料30%混焼運転に成功したと発表した。

実証運転とともに、低排出かつ安定燃焼も確認

実証では、タービン入口温度1650℃級の最新鋭JAC形ガスタービン(出力56.6万kW)と、燃焼器としてドライ式低NOx(Dry Low NOx:DLN)燃焼器が使用された。その結果、部分負荷および100%負荷において、都市ガスに水素30%を混ぜた混合燃料による実証運転に成功した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事