水素需要、21年は過去最高に 電解槽製造が増加 IEA

  • 印刷
  • 共有

国際エネルギー機関(IEA)は9月22日に新しい報告書を発表した。ウクライナ侵攻によるエネルギー危機のなか、エネルギー安全保障の観点から、エネルギー自給率向上に資する「グリーン水素」への需要が高まっており、それに伴って同水素の製造に必要な電解槽の製造が大きく増加しているという。同時に、さらなる拡大のためにはより大きな政策支援が必要だと指摘した。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報