三井物産と関西電力、火力発電所のCO2を回収・輸送・貯留へ

  • 印刷
  • 共有

三井物産(東京都千代田区)と関西電力(大阪府大阪市)は1月18日、関西電力が運営する火力発電所から排出されるCO2を回収し地中等に貯留するCCS事業のバリューチェーン構築を目指した事業化調査を行うと発表した。

関西電力はCO2の回収を、三井物産は輸送・貯留を主に担当し、バリューチェーンを一気通貫した事業性等を調査・検討する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報