ジェット機主翼の工程廃材を家電部品、再利用 三菱重工と三菱電機

  • 印刷
  • 共有
三菱電機製コードレス掃除機「iNSTICK ZUBAQ」。赤枠部に複合材主翼の工程廃材をリサイクル(出所:三菱電機)
三菱電機製コードレス掃除機「iNSTICK ZUBAQ」。赤枠部に複合材主翼の工程廃材をリサイクル(出所:三菱電機)

三菱重工業(東京都千代田区)と三菱電機(同)は6月21日、米国ボーイング社の中型ジェット旅客機「787」向け複合材主翼の工程廃材をリサイクルし、家電部品に再利用する取り組みを開始すると発表した。

具体的には、製造時に発生する炭素繊維複合材料をリサイクルし、三菱電機製コードレス掃除機「iNSTICK ZUBAQ」シリーズのパイプ部分とハンドル部分として再利用する。

家電製品以外の用途での再利用も

ボーイング787 複合材主翼(出所:三菱重工)
ボーイング787 複合材主翼(出所:三菱重工)

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報