仏トタル、EVバッテリー冷却技術開発で新たな協業

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

フランス企業のトタルエナジーズとヴァレオは10月24日、新誘電性流体を使用して、電気自動車(EV)のバッテリーを冷却技術開発で協業を開始すると発表した。

あらゆる分野の電動パワートレイン最適化も視野

現在の技術では、流体を使用してバッテリーを内部から冷却することはできないが、両社が取り組む冷却方法では、冷却液をEVのバッテリー・パック内に統合し最適なパフォーマンスを実現する。同技術の詳細は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報