三菱総研と中電PG、地域別電力需要予測開発へ 脱炭素化に対応

  • 印刷
  • 共有
新しい地域別電力需要予測 イメージ図(出所:三菱総合研究所)
新しい地域別電力需要予測 イメージ図(出所:三菱総合研究所)

三菱総合研究所(MRI/東京都千代田区)と中部電力パワーグリッド(愛知県名古屋市)は11月11日、カーボンニュートラル実現に対応した送配電設備計画策定に必要となる、新しい地域別電力需要予測(DFES)の本格開発に着手したと発表した。

DFESは、数十年先の将来を対象に、配電線の電力供給エリア程度の地域粒度、1時間程度の時間粒度でDER導入量、電力潮流を予測する機能。今回の開発では、中部電力パワーグリッドの電力需要予測ノウハウと、MRIの送配電分野における政策・制度に関する知見および独自の予測アルゴリズムを組み合わせ、主に下記の機能について実現を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報