送配電10社が需給システム統一、電力の融通円滑に 新会社設立も発表

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

東京電力パワーグリッド(東京都千代田区)など、大手電力の送配電事業者10社は9月1日、新会社「送配電システムズ合同会社(同)」を設立すると発表した。

電力大手10社は8月31日、一般送配電事業者において需給調整を担う中央給電指令所システム(中給システム)の仕様を統一・共有化するとともに、一般送配電事業者間の共通システムとして、電力データ集約システムを構築すると発表しており、新会社はその構築にあたり、より一層の中立性の確保と効率的なシステム開発・保守・保有と運用を行う。

全国で同一のシステムを運用、最適な運用を図る

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事