東急スポーツオアシス、ユニクロのリサイクル・リユース活動に参画

  • 印刷
  • 共有
(出所:東急スポーツオアシス)
(出所:東急スポーツオアシス)

フィットネスクラブを運営する東急スポーツオアシス(東京都渋谷区)は7月1日、ユニクロ(山口県山口市)が行う、全商品をリサイクル・リユースする取り組み「RE.UNIQLO」に参画すると発表した。直営店舗のスタッフユニフォームをユニクロ製品に変更し、使用後のユニフォームは廃棄せずユニクロへ送付する。

新ユニフォームは、生地(本体)の一部にペットボトルを再生したリサイクルポリエステルを使用した「ドライEX ポロシャツ」、「ドライEX ショートパンツ」と、「ウルトラストレッチドライスウェットフルジップパーカ」の3製品。各店舗で着終わったユニフォームを廃棄せずにユニクロへ送付し、ユニクロの『RE.UNIQLO』に継続的に参画する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報