「従業員参加型」エコアクションの実証、13社参加 21日間でCO2約15t減

  • 印刷
  • 共有
Statsによる全13社の取り組み集計(出所:NTTコムウェア)
Statsによる全13社の取り組み集計(出所:NTTコムウェア)

NTTコミュニケーションズ(東京都千代田区)とNTTコムウェア(同・港区)は11月30日、「従業員参加型」のエコアクションチャレンジ(通称:ONE TEAM CHALLENGE)を開催し、その結果を公表した。

取り組みには、業界を超えた13社が参加。21日間に約3万回のエコアクションが実践され、約15トンのCO2削減を達成した。この取り組みは環境省が推進する「デコ活(脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動)」の一環として実施されたもの。

日常生活で取り組みやすい環境行動を提示すると効果が高い

参加企業13社による取り組みの成果は以下のとおり。

  • 全体取り組み人数:1348人
  • エコアクション回数 :2万9769回
  • CO2削減量:1万4928.9kg(杉の木約1700本が1年間に吸収するCO2量に相当)

※参加者は、NTT Comの「Green Program for EmployeeTM」を利用しエコアクションを実践。

また、両社は、NTTコムウェアが開発した、企業の環境行動データを分析できる「低炭素アクションアグリゲーター(Stats)」を活用し、集計結果を分析した。

データ考察は以下のとおり。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事