TCFDガイダンス最新版公開 業種別解説も用意

  • 印刷
  • 共有

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は10月5日、「気候関連財務情報開示に関するガイダンス3.0(TCFDガイダンス3.0)」を公表した。

TCFD活用を開始したばかりの企業に向けた改訂

最新版は、TCFD提言に基づく開示への取り組みの拡充途上にある企業をメインターゲットに、取り組みをするうえで必要な基礎知識やTCFDを巡る最新動向などを解説する。また今回、業種別の開示推奨項目として別冊も用意した。

旧版(TCFDガイダンス2.0)からは以下のような点が改訂された。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報