KDDI、レアメタルリサイクルベンチャーに出資

  • 印刷
  • 共有
エマルションフローのイメージ(出所:KDDI)
エマルションフローのイメージ(出所:KDDI)

KDDI(東京都千代田区)は9月13日、日本原子力研究開発機構(原子力機構)発のレアメタルリサイクルベンチャーであるエマルションフローテクノロジーズ(茨城県東海村/EFT) に出資したと発表した。両社は共同で、使用済み携帯電話などのリチウムイオン電池に含まれるレアメタルを新たな同電池の材料として使用する「水平リサイクル」実現に向けた実証を行う予定だ。

EFTが開発した溶媒抽出技術「エマルションフロー」により、従来技術では採算性を確保することが困難だったレアメタルの水平リサイクルの事業化を目指す。なお、EFTへの出資は、環境課題に取り組むスタートアップ企業への出資を行うKDDIのコーポレートベンチャーキャピタル「KDDI Green Partners Fund」(運営:SBIインベストメント)を通じて実施した。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報