洋上風力発電「風車ウエイク」の影響調査を開始 日本気象協会ら

  • 印刷
  • 共有
(出所:日本気象協会)
(出所:日本気象協会)

日本気象協会(東京都豊島区)は11月16日、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2022年9月に募集した「洋上風力発電における風車ウエイクが及ぼす周辺環境及び発電量への影響に関する調査」に採択されたと発表した。

同調査には、同協会のほか、ウインドエナジーコンサルティング(東京都千代田区)、東芝エネルギーシステムズ(神奈川県川崎市)が参画する。3者は今後、風車ウエイクが及ぼすさまざまな影響について、既存手法の課題などを整理しながら、今後の技術開発の方向性を探る。期間は2022年10月から2023年3月予定。

風車ウエイクが及ぼす周辺環境・発電量を調査、新技術開発へ

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報