NEC、100%再エネデータセンター2カ所を整備へ

  • 印刷
  • 共有
(左)NEC神奈川データセンター 二期棟、(右)NEC神戸データセンター三期棟(出所:NEC)
(左)NEC神奈川データセンター 二期棟、(右)NEC神戸データセンター三期棟(出所:NEC)

NEC(東京都港区)は9月13日、データセンター需要の高まりを受けて、神奈川県と兵庫県に、100%再生可能エネルギーで運営する「グリーンデータセンター」を設置すると発表した。2023年下期に「NEC神奈川データセンター二期棟」、2024年上期に「NEC神戸データセンター三期棟」を開設する。

両データセンターは、集中熱源、冷暖分離、発熱状況に応じた風量制御等の総合的な省エネルギー対策により、国内商用データセンターでは最高クラス(9月13日時点、同社調べ)のpPUE1.16 (設計値)を実現するという。また、グリーン電力証書、トラッキング付き非化石証書、さらに神戸データセンターでは太陽光発電による自家発電を組み合わせて、100%再生可能エネルギーを活用する。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報