再エネ発電設備の「適正な導入・管理」へ 4省が提言

  • 印刷
  • 共有

経済産業省は7月28日、農林水産省・国土交通省・環境省と合同で、「第7回再生可能エネルギー発電設備の適正な導入及び管理のあり方に関する検討会」を開催した。検討会では、地域における再エネの導入に向けて、再エネ事業における課題や課題解消に向けた取り組みのあり方などについての提言をとりまとめた。また7月30日より、提言案に対するパブリックコメントの募集を開始した。募集は8月30日まで。

提言案では、地域の懸念解消に向けて、土地開発前、土地開発後~運転開始後・運転中、廃止・廃棄の各段階、および横断的事項における主な対応事項をまとめている。

提言案の詳細は、次のとおり。

土地開発前段階の主な対応

土地開発前の段階では、急傾斜地や森林伐採等を伴う区域に太陽光発電設備を設置する場合など、災害の発生が懸念されるという声の高まりや、開発許可にあたっては、各法令に基づき都道府県などがそれぞれ対応しており、太陽光発電の特性が考慮されないなど横串での対応不足が指摘されている。また抑制すべきエリアへの立地を避け、促進すべきエリアへの立地誘導が必要である。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報