三井住友建設、鶏のふんをバイオガス化 エネルギー回収技術開発へ

  • 印刷
  • 共有
実証予定サイト タカムラ鶏園「西那須エッグファーム」(出所:三井住友建設)
実証予定サイト タカムラ鶏園「西那須エッグファーム」(出所:三井住友建設)

三井住友建設(東京都中央区)は11月15日、タカムラ鶏園の「西那須エッグファーム」(栃木県那須塩原市)に実証プラントを設置し、採卵鶏ふんを単一原料としたエネルギー回収技術の開発を行うと発表した。事業の共同実施者である日立パワーソリューションズが保有する、メタン生成におけるアンモニア除去に関する技術やノウハウ等、欧州で先行する肉用鶏ふんを含んだ複合原料からの脱アンモニア技術などを活用。国内初となる、採卵鶏ふんのバイオガス化によるエネルギー回収技術の実用化を目指す。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報