三菱重工エンジ、商用初小型CO2回収装置が稼働 広島・バイオマス発電所で

  • 印刷
  • 共有
小型CO2回収装置(出所:太平電業)
小型CO2回収装置(出所:太平電業)

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区)は7月1日、太平電業(東京都千代田区)から受注した小型CO2回収装置の商用初号機が本格的に稼働を開始したと発表した。同装置は広島市の複合機能都市「ひろしま西風新都」にある出力7,000kW級のバイオマス発電所に設置。回収したCO2を構内で利活用することでカーボンネガティブ発電所が実現したとしている。

同装置のCO2の回収能力0.3トン/日、設置面積は全長5m×全幅2m。コンパクトで汎用性の高い標準設計をベースとしたモジュール化を実現し、製造工場からのトラック輸送と設置を短期間かつ容易に行うことが可能になったという。排ガスから回収されたCO2は、構内の農業ハウスでトマトやイチゴ、レモンの栽培に活用される。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報