日立、多拠点エネマネシステム導入へ 再エネ電力融通+DR

  • 印刷
  • 共有
日立が導入する多拠点エネルギーマネジメントシステム(イメージ)(出所:日立製作所)
日立が導入する多拠点エネルギーマネジメントシステム(イメージ)(出所:日立製作所)

日立製作所(東京都千代田区)と日立パワーソリューションズ(茨城県日立市)は9月11日、関東圏の日立グループ約20カ所の事業所をデジタルでつなぎ、複数拠点にまたがるエネルギー利用の全体最適を図る取り組みを開始したと発表した。

各事業所が有する再生可能エネルギーと、オフサイトの再エネを複数拠点にまたがって融通し、デマンドレスポンス(DR)などの技術と組み合わせることにより、電力の需給バランスを調整する。

多拠点エネルギーマネジメントシステムとしてモデル事例確立目指す

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事