大和総研、メインデータセンターで再エネ転換

  • 印刷
  • 共有
(出所:大和総研)
(出所:大和総研)

大和総研(東京都江東区)は9月20日、メインデータセンターで使用する情報機器電力の全量を再生可能エネルギー由来の電力に切り替えると発表した。同社が事業活動で使用する電力の約3分の1にあたる631万8000kWhが再エネ由来となりCO2排出量を年間約3,100トン削減できる見込みだという。

この取り組みでは、大和証券グループ本社傘下の大和エナジー・インフラ(同・千代田区)が国内に所有する再エネ発電設備由来の環境価値が付与された電力を、小売事業者を通じて調達する。大和総研はメインデータセンターの賃貸人(貸主)が提供するオプションサービスを活用し、トラッキング付非化石証書が付与された電力提供を受けるという。

続きは無料の会員登録後にお読みいただけます。

  • 環境対策・環境推進に役立つニュース記事が読める
  • 平日毎朝、自分の興味に合った最新ニュースをメールで受け取れる
  • 有料記事などに使えるポイントを貯められる
  • クリッピング機能で要チェック記事をストックできる

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報