経産省、途上国の気候変動「適応」推進へ 日本企業の挑戦機会拡大

  • 印刷
  • 共有
画像はイメージです
画像はイメージです

経済産業省地球環境対策室は11月16日、国連ハビタット福岡本部(福岡県福岡市)と連携し、途上国における気候変動にレジリエントな都市づくりを目指す「すばる(SUBARU)・イニシアティブ」を発表した。多様なパートナーシップ構築を通じて、42カ国のアジア太平洋地域の都市における気候変動の適応分野への課題解決に向けた、日本企業の貢献を促進していく。

パートナーシップ構築、挑戦機会拡大など3つの取り組み

産業革命前と比べてすでに気温は1.1度上昇しており、その影響は世界のあらゆる地域に及んでいるとされている。気候変動の影響をこれ以上拡大させないためにも、温室効果ガスの削減に取り組む「緩和」は引き続き重要視されているが、同時に、すでに起きている影響に対して「適応」していくことも求められている。

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報