GXファイナンス研究会が初会合 年内に取りまとめへ

  • 印刷
  • 共有

経済産業省などは8月9日、産業のGX(グリーントランスフォーメーション)に向けた資金供給の在り方に関する研究会(GXファイナンス研究会/座長:伊藤邦雄氏 )の初会合を開催した。今後10年間で官民協による150兆円規模の「GX投資」を実現するため、民間金融等の活用に関して具体的な検討を進めていく。

主に(1)(ミクロ)企業の気候変動投資への資金供給策の検討(グリーン、トランジション、イノベーション)、(2)GX実践企業の新たな評価軸作り、(3)(マクロ)気候変動分野への民間資金誘導などについて議論を行い、年末までに具体的な政策の方向性を取りまとめる。

GX投資への資金供給強化へ

続きは有料会員になるか、この記事の購入後にお読みいただけます。

  • 実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 有料会員になると購入不要で全記事読める(登録月無料)
  • 有料会員は「補助金情報検索システム」、「環境ビジネス」電子ブックも利用可能
  • ポイントは記事の感想ボタンでも貯められます(※購入も可能)
無料会員
300pt
有料会員
0pt

※記事単位での購入は
ポイントが必要です

関連記事

直近1週間のアクセスランキング

イベント情報