エコカー関連の補助金(宮城県仙台市)

検索結果

宮城県仙台市(エコカーに関する補助金)

宮城県仙台市の補助金の詳細は、以下の通りです。
実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。
詳細は問い合わせ先へご確認ください。

市区町村選択へ戻る

宮城県で利用できる補助金 (2021年4月1日 時点)
令和3年度 太陽光発電を活用したEV利用モデル導入支援事業費補助金 法人その他団体(市町村及び一部事務組合を含む。)又は県内の住所地、居住地若しくは事業場等の所在地を納税地として青色申告を行っている個人事業者が、次の各号に掲げる設備を新たに1設備以上設置し、太陽光発電を活用したEV利用モデルを導入場合が対象。
(1)太陽光発電設備
(2)EV,PHV,EVバス等
(3)(1)の電力を(2)に供給する充電設備
(4)その他,太陽光発電を活用したEV利用モデル導入にあたって必要な設備
※詳細はHP参照
受けられる補助金 補助率:補助対象経費の1/2以内(上限5百万円/件) 
申請期間 2021/3/26~2021/5/26
問い合わせ先 宮城県環境生活部再生可能エネルギー室 再エネ・省エネ推進班
TEL: 022-211-2655  HP
宮城県で利用できる補助金 (2021年10月12日 時点)
令和3年度 燃料電池自動車等導入促進事業補助金 県内に引き続いて1年以上住所を有する個人や県内に引き続いて1年以上事務所又は事業所を有する法人(個人事業主を含む)、またはそれらの個人、法人と補助対象自動車等に係るリース契約を締結したリース事業者が令和3年4月1日から令和4年3月31日までに購入した燃料電池自動車、燃料電池自動車と接続して使用する外部給電器が対象。
受けられる補助金 燃料電池車:{車両本体の購入価格(税抜)-下記の基準額}×1/3(地方公共団体の場合2/3)と下記の補助限度額の低い方
●トヨタ
・MIRAI:基準額370.6万円(上限 地方公共団体以外101万円、地方公共団体202万円)
・MIRAI G:基準額472.4万円(上限 地方公共団体以外57.6万円、地方公共団体115.3万円)
・MIRAI G“A Package”:基準額495.1万円(上限 地方公共団体以外57.6万円、地方公共団体115.3万円)
・MIRAI G“Executive Package”:基準額513.3万円(上限 地方公共団体以外57.6万円、地方公共団体115.3万円)
・MIRAI Z:基準額541.1万円(上限 地方公共団体以外57.6万円、地方公共団体115.3万円)
・MIRAI Z“Executive Package”:基準額558.8万円(上限 地方公共団体以外57.6万円、地方公共団体115.3万円)
●ホンダ
・CLARITY FUEL CELL:基準額400.3万円(上限 地方公共団体以外104万円、地方公共団体208万円)
●メルセデス・ベンツ
・GLC F-CELL:基準額651.8万円(上限 地方公共団体以外100.9万円、地方公共団体201.8万円)
●外部給電器:機器本体の購入価格×1/6(上限18万円) 
申請期間 2021/4/1~2022/3/31
期限前であっても、補助金の交付額が予算額に達した時点で受付を終了する場合がある。
問い合わせ先 再生可能エネルギー室
TEL: 022-211-2683  HP
仙台市で利用できる補助金 (2021年9月21日 時点)
仙台市次世代自動車導入支援補助金(令和3年度) 市内に事業所を所有しているものであって、道路運送法(昭和二十六年法律第百八十三号)第二条第二項に規定する自動車運送事業を経営する事業者が導入する次世代自動車が対象。
リース事業者の場合、上記の要件を満たす者に次世代自動車の貸渡しをしようとする事業者であって、市内に事業所を所有しているものが対象。
※同一年度内において申請を行っていないこと
※1回の申請で、1事業者につきタクシーは3台、トラック・バスは2台まで申請可とする。
対象自動車:トラック(電気、天然ガス、ハイブリッド、低炭素ディーゼル、燃料電池)、バス(電気、天然ガス、ハイブリッド、低炭素ディーゼル、燃料電池)、タクシー(LPGハイブリッド、電気、燃料電池)
受けられる補助金 対象経費の1/5以内
トラック:上限50万円/台
バス:上限50万円/台
タクシー:上限30万円/台 
申請期間 2021/4/1~2021/12/24
問い合わせ先 環境局地球温暖化対策推進課
TEL: 022-214-8232  HP

会社案内 | 採用情報 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 日本ビジネス出版. All rights reserved.