エコカー関連の補助金(東京都小平市)

検索結果

エコカー・東京都小平市の補助金

東京都小平市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2017年4月13日 時点)
圧縮天然ガス自動車(CNG自動車)導入補助金(平成29年度) 都内の中小企業者が対象。

対象車両:圧縮天然ガス(CNG)自動車(車両総重量3.5トン以下の車両を除く。)
受けられる補助金 車両総重量8t超:20万円/台
車両総重量8t以下3.5t超:10万円/台 
申請期間 2017/4/3~2018/2/28
問い合わせ先 東京都環境局環境改善部自動車環境課低公害化支援担当
TEL: 03-5388-3535  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年4月20日 時点)
東京都民営バス事業者に係る低公害・低燃費車導入促進補助金(平成29年度) 一般乗合旅客自動車運送事業者、一般貸切旅客自動車運送事業者、自動車リース事業者が対象。

対象車両:優良ハイブリッドバス
受けられる補助金 補助対象経費から国負担分を除いた額の2分の1、上限は1台250万円 
申請期間 2017/4/18~2018/2/28
問い合わせ先 環境局環境改善部 自動車環境課低公害化支援担当
TEL: 03-5388-3535  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年4月20日 時点)
ハイブリッドトラック導入補助金(平成29年度) 一般貨物自動車運送事業者、第二種貨物利用運送事業者、自動車リース事業者が対象。
受けられる補助金 通常車両との価格差から国の補助額を除いた額の2分の1、上限は最大積載量4t未満:16万4千円/台、最大積載量4t以上:57万1千円/台 
申請期間 2017/4/18~2018/2/28
問い合わせ先 東京都環境局環境改善部自動車環境課低公害化支援担当
TEL: 03-5388-3535  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年6月28日 時点)
事業所向け再生可能エネルギー由来水素活用設備導入促進事業(平成29年度) 再生可能エネルギー由来水素活用設備を都内の事業所に新たに設置し、燃料電池自動車、燃料電池フォークリフト、純水素型燃料電池のいずれかを導入する(既に導入している場合を含みます。)都内に事業所又は事務所を有する事業者が対象。
受けられる補助金 助成対象経費の2分の1の額の内、国やその他団体の補助金の額を控除した額、上限は50Nm3/日以上の水素製造能力を有する設備で3億7千万円、50Nm3/日未満の水素製造能力を有する設備では1億円 
申請期間 2017/5/15~2017/6/2
※次回は8月頃募集予定。
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年6月8日 時点)
燃料電池バスの導入促進事業(平成29年度) 燃料電池バスを導入する旅客自動車運送事業者、旅客自動車運送事業者に運行を委託するための助成対象バスを所有する者であって別に定める者、旅客自動車運送事業者又は別に定める者と助成対象バスに係るリース契約等を締結したリース事業者が対象。
受けられる補助金 助成対象経費の3分の2の額から基準額(助成対象バスと乗車定員、全長等の仕様が同等であって、かつ原動機に内燃機関を用いた自動車の本体の購入に要する費用の標準的な額として別に定める額、交付要綱別表1を参照)を差し引いた額。
国補助等を併用して受ける場合において、国補助等の額が助成対象経費の3分の1の額を超える場合にあっては、都の助成金額は、上記より算出した額から助成対象経費の3分の1の額を超える国補助等の額を差し引いた額とし、上限は5千万円。 
申請期間 2017/6/7~2018/3/30
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年6月15日 時点)
燃料電池自動車の導入促進事業(平成29年度) 新車の燃料電池自動車を購入またはリースする、都内の事業者、個人が対象。
受けられる補助金 経済産業省が定めるクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金交付要綱第3条のクリーンエネルギー自動車を導入する者に対する当該クリーンエネルギー自動車の導入に要する経費の一部を助成する事業において交付する補助金額の2分の1の額 
申請期間 2017/6/9~2018/3/30
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年6月15日 時点)
東京都区市町村における燃料電池自動車の導入促進事業(平成29年度) 燃料電池自動車を自ら導入する東京都内の区市町村、またはリース契約に基づき燃料電池自動車の貸付を都内区市町村と行う都内に事務所または事業所を有するリース事業者が対象。
受けられる補助金 助成対象経費に関し、経済産業省が定めるクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金交付要綱第3条のクリーンエネルギー自動車を導入する者に対する当該クリーンエネルギー自動車の導入に要する経費の一部を助成する事業において交付する補助金額と同額 
申請期間 2017/6/9~2018/3/30
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年7月20日 時点)
電気自動車等の普及促進事業(平成29年度) 都内に事務所もしくは事業所を有する中小企業者等(個人事業者を含む。)が対象。中小事業者等とリース契約等を締結したリース事業者も対象となる。

対象:電気自動車、プラグインハイブリッド自動車
受けられる補助金 助成対象経費の2分の1、上限は電気自動車25万円、プラグインハイブリッド自動車20万円 
申請期間 2017/7/19~2018/3/5
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年7月20日 時点)
次世代タクシーの普及促進事業(平成29年度) 電気自動車等タクシー及び環境性能の高いユニバーサルデザイン(UD)タクシーを導入する一般乗用旅客自動車運送事業者(福祉輸送事業限定事業者を除く。)が対象。一般乗用旅客自動車運送事業者とリース契約等を締結したリース事業者も対象となる。

対象自動車:電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車のタクシー、環境性能の高いUDタクシー
受けられる補助金 電気自動車及びプラグインハイブリッド自動車のタクシー:助成対象経費の6分の1、上限は100万円
環境性能の高いUDタクシー:助成対象経費から国補助金を除いた額、上限は60万円 
申請期間 2017/7/19~2018/3/30
実施期間:平成28年度から平成32年度まで
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年9月7日 時点)
事業所向け再生可能エネルギー由来水素活用設備導入促進事業(平成29年度)(第2回) 再生可能エネルギー由来水素活用設備を都内の事業所に新たに設置し、燃料電池自動車、燃料電池フォークリフト、純水素型燃料電池のいずれかを導入する(既に導入している場合を含みます。)都内に事業所又は事務所を有する事業者が対象。
受けられる補助金 助成対象経費の2分の1の額の内、国やその他団体の補助金の額を控除した額、上限は50Nm3/日以上の水素製造能力を有する設備で3億7千万円、50Nm3/日未満の水素製造能力を有する設備では1億円 
申請期間 2017/8/7~2017/9/1
問い合わせ先 都市エネ促進チーム
TEL: 03-5990-5068  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年8月24日 時点)
ハイブリッド塵芥車導入補助金(平成29年度) 都内に事務所又は事業所を有する中小企業及び個人事業者で、産廃エキスパート又は産廃プロフェショナルの認定を現に受けている事業者、自動車リース事業者が対象。

補助対象車両及び予定台数:ハイブリッド塵芥車 30台
受けられる補助金 補助対象経費の2分の1、上限は最大積載量4t未満:19万5千円/台 
申請期間 2017/6/27~2018/2/28
問い合わせ先 東京都環境局環境改善部自動車環境課低公害化支援担当
TEL: 03-5388-3535  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年8月31日 時点)
区市町村との連携による地域環境力活性化事業(平成29年度) 都内の区市町村が実施する地域の多様な主体との連携や、地域特性・地域資源の活用等、地域の実情に即した取組のうち、東京の広域的環境課題の解決に資するものに対して支援を実施する。

補助対象事業:家庭の省エネムーブメント促進事業ほか
ホームページ参照
受けられる補助金 補助対象経費の2分の1、上限は5億円 
申請期間 2017/9/1~2017/11/20
事業期間
平成26年度から平成35年度までの10年間(ただし、補助金は単年度ごとに執行し、継続して補助金を受けられる期間は原則最長3年間。)
問い合わせ先 区市町村連携支援担当
TEL: 03-5990-5069  HP

【関連ページ】
 → エコカー・充電器のトップページ
 → エコカーの種類
 → エコカー・充電器の最新ニュース
 → 経済産業省 「新エコカー補助金」
 → クリーンエネルギー自動車補助金
 → エコカー減税

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.