エネファーム関連の補助金(埼玉県鴻巣市)

検索結果

エネファーム・埼玉県鴻巣市の補助金

埼玉県鴻巣市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

埼玉県で利用できる補助金 (2018年2月28日 時点)
平成29年度度埼玉県多子世帯向け中古住宅取得・リフォーム支援事業補助金 多子世帯の世帯主またはその配偶者が対象。

対象工事:エコキュート、エコジョーズ、エネファーム、太陽熱給湯器
受けられる補助金 中古住宅の取得かつリフォームを実施する場合…50万円
中古住宅の取得のみの場合…40万円
リフォームのみの場合…5万円 
申請期間 2017/4/13~2018/3/15
問い合わせ先 都市整備部 住宅課 総務・民間住宅担当
TEL: 048-830-5563  HP
埼玉県で利用できる補助金 (2017年12月6日 時点)
住宅用省エネ設備導入支援事業補助金(平成29年度) 県内の自ら居住する既存住宅において、指定の省エネ対策を行う個人もしくは県内の集合住宅において、自ら居住するための専有部分に使用するため対象省エネ対策を行う個人、若しくは対象省エネ対策を実施した集合住宅の自ら居住するための専有部分を取得する個人が対象

対象設備:家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、地中熱利用システム、蓄電システム、電気自動車充給電設備(V2H)
受けられる補助金 1件あたり50,000円
 
申請期間 2017/4/3~2017/9/22
問い合わせ先 環境部 エコタウン環境課
TEL: 048-830-3042  HP
埼玉県で利用できる補助金 (2018年3月7日 時点)
平成29年度重点実施街区スマートハウス化補助金 重点実施街区(所沢市松が丘1丁目・2丁目、草加市谷塚西口町会及び谷塚南町会の範囲)において太陽光発電設備の設置や省エネリフォームなどを実施する個人が対象。

対象設備:太陽光発電設備、LED照明器具、給湯機(エコジョーズ、エコフィール)、給湯機(エコキュート、エネファーム、エコウィル、ハイブリッド給湯機)、高断熱浴槽、太陽熱利用システム、蓄電池、地中熱利用システム等
受けられる補助金 費用総額の1/10

上限額
太陽光発電設備…20万円
LED照明器具…6千円
給湯機(エコジョーズ、エコフィール)、給湯機(エコキュート、エネファーム、エコウィル、ハイブリッド給湯機)、太陽熱利用システム、換気設備、蓄電池、地中熱利用システム…10万円 
申請期間 ~2018/2/28
問い合わせ先 環境部 エコタウン環境課
TEL: 048-830-3170  HP
埼玉県で利用できる補助金 (2018年4月12日 時点)
住宅用省エネ設備導入支援事業補助金(平成30年度) 自己が居住する既存戸建住宅または集合住宅(新築も可)へ設置する個人が対象

対象設備:家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、蓄電システム、地中熱利用システム
受けられる補助金 対象設備:家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、蓄電システム…5万円
地中熱利用システム…20万円 
申請期間 2018/4/2~2019/2/28
問い合わせ先 環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当
TEL: 048-830-3042  HP
鴻巣市で利用できる補助金 (2018年3月21日 時点)
鴻巣市住宅用新・省エネルギー機器設置費補助金(平成29年度) 自身が所有し居住するため、市内の住宅に機器を設置する個人が対象。

対象設備:CO2冷媒ヒートポンプ給湯器 (エコキュート) 、家庭用燃料電池 (エネファーム) 、太陽熱利用システム(自然循環型)、太陽熱利用システム(強制循環型)、雨水貯留槽 100ℓ以上 、HEMS機器、定置用リチウムイオン蓄電池、V2H充電設備、V2H対応車両
受けられる補助金 家庭用燃料電池 (エネファーム) 5万円
太陽熱利用システム(自然循環型) 1万円
太陽熱利用システム(強制循環型) 1.5万円
雨水貯留槽 100ℓ以上 設置に要した費用の4分の1で上限1万円
HEMS機器 2万円
定置用リチウムイオン蓄電池 5万円
V2H充電設備 5万円
V2H充電設備+対応車両購入 10万円 
申請期間 2017/5/8~
問い合わせ先 環境課環境計画担当
TEL: 048-501-6802  HP
鴻巣市で利用できる補助金 (2018年4月26日 時点)
鴻巣市住宅用新・省エネルギー機器設置費補助金(平成30年度) 自身が所有し居住するため、市内の住宅に機器を設置する個人が対象。

対象設備:CO2冷媒ヒートポンプ給湯器 (エコキュート) 、家庭用燃料電池 (エネファーム) 、太陽熱利用システム(自然循環型)、太陽熱利用システム(強制循環型)、雨水貯留槽 100ℓ以上 、HEMS機器、定置用リチウムイオン蓄電池、V2H充電設備、V2H対応車両
受けられる補助金 家庭用燃料電池 (エネファーム) 5万円
太陽熱利用システム(自然循環型) 1万円
太陽熱利用システム(強制循環型) 1.5万円
雨水貯留槽 100ℓ以上 設置に要した費用の4分の1で上限1万円
HEMS機器 2万円
定置用リチウムイオン蓄電池 5万円
V2H充電設備 5万円
V2H充電設備+対応車両購入 10万円 
申請期間 2018/5/7~
問い合わせ先 環境課環境計画担当
TEL: 048-501-6802  HP

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.