エネファーム関連の補助金(東京都荒川区)

検索結果

エネファーム・東京都荒川区の補助金

東京都荒川区の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2017年2月15日 時点)
家庭におけるエネルギー利用の高度化促進事業 都内の住宅において新規に設置される助成対象機器(未使用品)の所有者(国・地方公共団体及び外郭団体等の公的な団体を除く。)が対象。
助成対象機器:蓄電池システム、ビークル・トゥ・ホームシステム、家庭用燃料電池(エネファーム)、太陽熱利用システム
受けられる補助金 蓄電池システム:機器費の6分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額。
 (ア)4万円/kWhに、蓄電容量(キロワット時を単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
 (イ)24万円
ビークル・トゥ・ホームシステム:機器費の8分の1、1台当たりの上限額は5万円
家庭用燃料電池(エネファーム):機器費の5分の1、1台当たり上限額は次のとおり
 ・戸建住宅に設置する場合10万円
 ・集合住宅に設置する場合15万円
太陽熱利用システム:機器費、工事費の3分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額
 (ア)1㎡6万円に集熱器の面積(平方メートルを単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
 (イ)・戸建住宅に設置する場合は1戸当たり24万円
   ・集合住宅に設置する場合は1戸当たり15万円 
申請期間 2016/6/27~
平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで

事前申請:平成31年10月1日(火)から平成32年3月31日(火)まで
特例申請:平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで
問い合わせ先 スマートエネルギー助成金担当ヘルプデスク
TEL: 03-5990-5086  HP
東京都で利用できる補助金 (2017年4月20日 時点)
中小事業所向け熱電エネルギーマネジメント支援事業(平成29年度) 中小医療・福祉施設及び公衆浴場(民間事業者)において助成対象事業を実施するESCO事業者及びリース事業者(ESCO事業者と共同申請を行う場合に限る)が対象。

対象機器:ガスコージェネレーションシステム(エネファームを含む)、太陽光発電設備及び蓄電池設備、LED照明器具、空気調和設備
受けられる補助金 助成対象機器の設置に要する経費の2分の1以内、上限は1億円 
申請期間 2017/4/3~2018/3/30
問い合わせ先 スマートエネルギー助成金担当ヘルプデスク
TEL: 03-5990-5085  HP
荒川区で利用できる補助金 (2017年4月6日 時点)
荒川区地球温暖化防止及びヒートアイランド対策事業助成金(平成29年度) 荒川区内で、太陽光発電システムなどを新たに設置する個人・事業者が対象。

対象機器:太陽光発電システム機器、家庭用燃料電池装置設置(エネファーム)、家庭用蓄電システム設置、屋上緑化施工、壁面緑化施工、高断熱窓への改修、雨水貯水槽設置、太陽熱ソーラーシステム設置、太陽熱温水器設置、事業所の省エネルギー診断結果に基づき導入する省エネルギー設備設置、荒川区集合住宅向け省エネルギー診断に基づき導入するLED照明
受けられる補助金 太陽光発電システム機器:2万円/kw、上限は20万円
家庭用燃料電池装置設置(エネファーム):機器費用(本体)と設置費用の20分の1、上限は5万円
家庭用蓄電システム設置:1万円/kWh、上限は10万円
屋上緑化施工:2万円/平方メートルに施工面積を掛けた額と施工費用の2分の1の額の小さい方、上限は30万円
壁面緑化施工:1万円/平方メートルに施工面積を掛けた額と施工費用の2分の1の額の小さい方、上限は30万円
高断熱窓への改修:施工費用の5分の1の額、上限は区内業者と契約した場合15万円、区外業者の場合10万円
※その他詳細はHPを参照。 
申請期間 平成29年度
問い合わせ先 環境課環境保全係
TEL: 03-3802-3111  HP

【関連ページ】
 → 省エネ情報のトップページ
 → 省エネ関連の最新ニュース一覧
 → トップランナー基準とは
 → 改正省エネ法とは

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.