エネファーム関連の補助金(東京都武蔵野市)

検索結果

東京都武蔵野市(エネファームに関する補助金)

東京都武蔵野市の補助金の詳細は、以下の通りです。
実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。
詳細は問い合わせ先へご確認ください。

市区町村選択へ戻る

東京都で利用できる補助金 (2021年4月8日 時点)
水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(家庭部門)(令和3年度) 都内の住宅に新規に設置された家庭用燃料電池(エネファーム)の所有者、集合住宅の管理組合、住宅供給事業者(国・地方公共団体等の公的な団体は除く。)などが対象。
受けられる補助金 機器費の5分の1、上限は以下の通り。
PEFC:7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)
SOFC(700W):10万円/台(戸建)、15万円/台(集合)
SOFC(400W):7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)

※令和3年度における上限額 
申請期間 ~2022/3/31
【一般申請】交付申請期限
PEFC:令和4年3月31日
SOFC:令和6年3月31日

※詳細はHP参照
問い合わせ先 スマートエネルギー都市推進担当ヘルプデスク
TEL: 03-5990-5086  HP
武蔵野市で利用できる補助金 (2021年4月8日 時点)
令和3年度武蔵野市効率的なエネルギー活用推進助成制度 武蔵野市内に居住し、自宅に自家用として助成対象設備を新たに設置・改修する個人が対象。

対象設備:HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム)、太陽光発電システム、太陽熱温水システム、燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、蓄電池システム、既設窓の断熱改修(既築住宅のみ、新築住宅は助成対象外)
受けられる補助金 HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム):5万円または機器の購入費用の2分の1相当額のいずれか低い額
太陽光発電システム:3万円/kw、上限は15万円
太陽熱温水システム:5万円または機器の購入費用の2分の1相当額のいずれか低い額
燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):6万円または機器の購入費用の2分の1相当額のいずれか低い額
蓄電池システム:1万円/kw、上限は6万円
既設窓の断熱改修:10万円または機器の購入費用の5分の1相当額のいずれか低い額 
申請期間 ~2022/4/7
問い合わせ先 環境部 環境政策課 計画係
TEL: 0422-60-1841  HP

会社案内 | 採用情報 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | 利用規約

Copyright © 日本ビジネス出版. All rights reserved.