エネファーム関連の補助金(埼玉県 蕨市)

埼玉県 蕨市の補助金の詳細は、以下の通りです。実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。詳細は問い合わせ先へご確認ください。

埼玉県で利用できる補助金

埼玉県多子世帯向け中古住宅取得支援事業補助金(令和3年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 18歳未満の子が3人以上の世帯または18歳未満の子が2人で3人目を希望する夫婦がともに40歳未満の世帯が対象

対象工事:高効率給湯器の設置、家庭用コージェネレーションシステムの設置、太陽熱給湯器の設置
受けられる補助金
中古住宅の取得かつリフォームを実施する場合…50万円
中古住宅の取得のみの場合…40万円
リフォームのみの場合…5万円
申請期間 2021年04月01日〜2022年03月15日まで
問い合わせ先 都市整備部 住宅課
電話番号:048-830-5555
情報の修正連絡

住宅用省エネ設備導入支援事業補助金(令和3年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 自己が居住する戸建住宅(既存)への設置が対象
※地中熱利用システムのみ新築(分譲住宅含む)も対象

対象設備:家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、地中熱利用システム
受けられる補助金
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)…5万円
地中熱利用システム…20万円
申請期間 2021年04月01日〜2022年02月28日まで
問い合わせ先 環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当
電話番号:048-830-3042
情報の修正連絡

住宅における省エネ・再エネ設備導入支援事業補助金(令和4年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 埼玉県内の自ら居住する既存住宅において、対象設備の導入を行う個人
ただし、地中熱利用システムは、新築住宅も対象

対象設備:家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)、太陽熱利用システム(強制循環型)、蓄電システム、V2Hシステム、地中熱利用システム、高断熱窓
受けられる補助金
・エネファーム、太陽熱利用システム、蓄電システム、V2H…5万円
・地中熱利用システム…20万円
・高断熱窓…補助経費の1/10(上限5万円)
申請期間 2022年04月08日〜2023年02月28日まで
問い合わせ先 環境部 エネルギー環境課 住宅等省エネルギー推進担当
電話番号:048-830-3042
情報の修正連絡

蕨市で利用できる補助金

蕨市地球温暖化対策設備等設置費補助金(令和3年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 市内に住所を有し、自ら所有する戸建住宅に該当設備等を新たに設置する個人、地球温暖化対策設備等の設置された市内の新築の戸建住宅を購入し、当該住宅に自ら居住する個人が対象。

対象工事:太陽光発電システム、太陽熱温水器、エコウィル、エネファーム、雨水貯留施設
受けられる補助金 太陽光発電システム:10万円
太陽熱温水器:5万円
エコウィル:5万円
エネファーム:5万円
雨水貯留施設:設置費の2分の1 上限5万円
申請期間 2021年04月01日〜2022年02月04日まで
•前期 令和3年4月1日(木曜日)から令和3年9月30日(木曜日)まで
•後期 令和3年10月1日(金曜日)から令和4年2月4日(金曜日)まで
問い合わせ先 市民生活部 安全安心推進課 生活環境係
電話番号:048-443-3706
情報の修正連絡

蕨市地球温暖化対策設備等設置費補助金(令和4年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 市内に住所を有し、自ら所有する戸建住宅に該当設備等を新たに設置する個人、地球温暖化対策設備等の設置された市内の新築の戸建住宅を購入し、当該住宅に自ら居住する個人が対象。

対象工事:太陽光発電システム、太陽熱温水器、エコウィル、エネファーム、雨水貯留施設
受けられる補助金 太陽光発電システム:10万円
太陽熱温水器:5万円
エコウィル:5万円
エネファーム:5万円
雨水貯留施設:設置費の2分の1 上限5万円
申請期間 2022年04月01日〜2023年02月06日まで
前期 令和4年4月1日(金曜日)から令和4年9月30日(金曜日)まで
後期 令和4年10月3日(月曜日)から令和5年2月6日(月曜日)まで
問い合わせ先 市民生活部 安全安心推進課 生活環境係
電話番号:048-443-3706
情報の修正連絡

その他の環境設備別:補助金・助成金情報

補助金検索サービス

関連記事

直近1週間のアクセスランキング