エネファーム関連の補助金(東京都 荒川区)

東京都 荒川区の補助金の詳細は、以下の通りです。実施は各市区町村、各都道府県、各省庁、各団体の場合など様々です。詳細は問い合わせ先へご確認ください。

東京都で利用できる補助金

水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(家庭部門)(令和3年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 都内の住宅に新規に設置された家庭用燃料電池(エネファーム)の所有者、集合住宅の管理組合、住宅供給事業者(国・地方公共団体等の公的な団体は除く。)などが対象。
受けられる補助金
機器費の5分の1、上限は以下の通り。
PEFC:7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)
SOFC(700W):10万円/台(戸建)、15万円/台(集合)
SOFC(400W):7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)

※令和3年度における上限額
申請期間 2022年03月31日まで
【一般申請】交付申請期限
PEFC:令和4年3月31日
SOFC:令和6年3月31日

電子申請は令和3年10月1日からスタート
※詳細はHP参照
問い合わせ先 スマートエネルギー都市推進担当ヘルプデスク
電話番号:03-5990-5086
情報の修正連絡

東京ゼロエミポイント(令和3年度)【延長】

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 対象期間中に、一定の基準を満たす対象機器への買い替えた個人が対象。

対象機器:エアコン(統一省エネラベル4つ星以上)、冷蔵庫(統一省エネラベル5つ星以上)、高効率給湯器
受けられる補助金
商品券等に交換可能な「東京ゼロエミポイント」を付与。
※詳細はHP参照

エアコン(統一省エネラベル4つ星以上)
冷房能力
2.2キロワット以下:12,000ポイント
2.4キロワット~2.8キロワット:15,000ポイント
3.6キロワット以上:19,000ポイント

冷蔵庫(統一省エネラベル5つ星)
定格内容積
250リットル以下:11,000ポイント
251リットル~500リットル:13,000ポイント
501リットル以上:21,000ポイント

高効率給湯器
エコジョーズ、エコキュート、エコフィール、ハイブリッド給湯器:10,000ポイント
申請期間 2022年03月31日まで
申請受付期限1年間延長しました。
問い合わせ先 東京ゼロエミポイントコールセンター
電話番号:0570-005-083
情報の修正連絡

水素を活用したスマートエネルギーエリア形成推進事業(家庭部門)(令和4年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 都内の住宅に新規に設置された家庭用燃料電池(エネファーム)の所有者、集合住宅の管理組合、住宅供給事業者(国・地方公共団体等の公的な団体は除く。)などが対象。
受けられる補助金
機器費の5分の1、上限は以下の通り。
PEFC:7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)
SOFC(700W):10万円/台(戸建)、15万円/台(集合)
SOFC(400W):7万円/台(戸建)、12万円/台(集合)
申請期間 【一般申請】交付申請期限
PEFC:令和5年3月31日
SOFC:令和6年3月31日

電子申請は令和3年10月1日からスタート
※詳細はHP参照
問い合わせ先 スマートエネルギー都市推進担当ヘルプデスク
電話番号:03-5990-5086
情報の修正連絡

荒川区で利用できる補助金

荒川区地球温暖化防止及びヒートアイランド対策事業助成金(令和3年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 荒川区内で、太陽光発電システムなどを新たに設置する個人・事業者が対象。

対象機器:太陽光発電システム機器、家庭用燃料電池装置(エネファーム)、家庭用蓄電システム設置(電気自動車・住宅間相互電力供給装置(V2H)も対象)、雨水貯水槽、高断熱窓への改修(内窓設置・外窓交換・ガラス交換)、省エネルギー診断結果に基づいた設備の導入(荒川区内の事業所が対象)、集合住宅向け省エネルギー診断に基づいた設備の導入(荒川区内の集合住宅共用部分が対象)
受けられる補助金 ・太陽光発電システム機器設置:2万円/kw、上限は区内業者と契約した場合25万円、区外業者の場合20万円
・家庭用燃料電池装置設置(エネファーム):機器費用(本体)と設置費用の20分の1、上限は区内業者と契約した場合10万円、区外業者の場合5万円
・家庭用蓄電システム設置:1万円/kWh、上限は区内業者と契約した場合15万円、区外業者の場合10万円
・雨水貯水槽設置:貯水槽の容量を10リットルで割り、千円を掛けて得た額と設置費用の2分の1の額のいずれか小さい額、上限は区内業者と契約した場合35万円、区外業者の場合30万円
・高断熱窓への改修:施工費用の5分の1の額、上限は区内業者と契約した場合15万円、区外業者の場合10万円
・事業所の省エネルギー診断結果に基づき導入する省エネルギー設備設置:設置費用10分の1、上限は区内業者と契約した場合35万円、区外業者の場合30万円
・荒川区集合住宅向け省エネルギー診断に基づき導入する省エネルギー設備設置:設置費用2分の1、上限は区内業者と契約した場合35万円、区外業者の場合30万円
申請期間 2022年02月15日まで
問い合わせ先 環境清掃部環境課環境保全係
電話番号:03-3802-3111
情報の修正連絡

荒川区地球温暖化防止及びヒートアイランド対策事業助成金(令和4年度)

情報確認日:2022年06月22日

対象要件 荒川区に住所を有する方
荒川区に事業所を有する方
荒川区に集合住宅を所有する方
荒川区に集合住宅の管理組合が対象

対象機器:太陽光発電システム、家庭用燃料電池装置(エネファーム)、家庭用蓄電システム設置(電気自動車・住宅間相互電力供給装置(V2H)も対象)、高断熱窓への改修(内窓設置・外窓交換・ガラス交換)、節水トイレへの改修、雨水貯水槽、事業所向け省エネ診断に基づく省エネ設備(荒川区内事業所が対象)、集合住宅向け省エネ診断に基づく省エネ設備(荒川区内集合住宅共用部が対象)
受けられる補助金 ・太陽光発電システム:5万円/kw、上限は区内業者の施工30万円、区外業者の施工25万円
・家庭用燃料電池装置設置(エネファーム):施工費用の5分の1、上限は区内業者の施工15万円、区外業者のの施工10万円
・家庭用蓄電システム設置:1万円/kwh、上限は区内業者の施工15万円、区外業者の施工10万円
・高断熱窓への改修:施工費用の5分の1、上限は区内業者の施工15万円、区外業者の施工10万円
。節水トイレへの改修:施工費用の2分の1。上限は区内業者の施工5万円、区外業者の施工3万円
・雨水貯水槽:施工費用の2分の1、上限は区内業者の施工5万円、区外業者の施工3万円
・事業所向け省エネ診断に基づき導入する省エネ設備:施工費用の2分の1、上限は区内業者の施工35万円、区外業者の施工30万円
・集合住宅向け省エネ診断に基づき導入する省エネ設備:施工費用の2分の1、上限は区内業者の施工35万円、区外業者の施工30万円
申請期間 2022年04月01日〜2023年02月15日まで
問い合わせ先 環境清掃部環境課環境推進係
電話番号:03-3802-3111
情報の修正連絡

その他の環境設備別:補助金・助成金情報

補助金検索サービス

関連記事

直近1週間のアクセスランキング