省エネ関連の補助金(栃木県鹿沼市)

検索結果

省エネ・栃木県鹿沼市の補助金

栃木県鹿沼市の補助金の詳細は、以下の通りです。

市区町村選択へ戻る

栃木県で利用できる補助金 (2018年2月27日 時点)
低炭素社会づくり促進事業費補助金(平成29年度) 中小企業者(中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に準じ規定する会社又は個人)又は中小企業団体(中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)第3条第1項第1号から第9号までに規定する団体)
が対象。

対象設備:ボイラー、工業炉、空調設備、自家発電設備、照明設備
受けられる補助金 補助対象経費の1/3、上限100万円。 
申請期間 2017/6/1~2017/11/30
問い合わせ先 地球温暖化対策課
TEL: 028-623-3187  HP
栃木県で利用できる補助金 (2018年5月3日 時点)
栃木県環境保全資金(再生可能エネルギー発電施設の設置)(平成30年度) 再エネ法に規定する再生可能エネルギー源(太陽光、水力、バイオマス、地熱、風力)を利用する発電施設の設置事業が対象。

対象設備:太陽光、水力、バイオマス、地熱、風力
受けられる補助金 所要経費の90%以内で、500万円以上1億円以下 
申請期間 平成30年度
問い合わせ先 地球温暖化対策課 計画推進担当
TEL: 028-623-3187  HP
栃木県で利用できる補助金 (2018年5月10日 時点)
低炭素社会づくり促進事業費補助金(平成30年度) 中小企業者(中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条に準じ規定する会社又は個人)又は中小企業団体(中小企業団体の組織に関する法律(昭和32年法律第185号)第3条第1項第1号から第9号までに規定する団体)
が対象。

対象設備:ボイラー、工業炉、空調設備、自家発電設備、照明設備
受けられる補助金 補助対象経費の1/3、上限100万円 
申請期間 2018/6/1~2018/11/9
問い合わせ先 地球温暖化対策課
TEL: 028-623-3187  HP
鹿沼市で利用できる補助金 (2016年12月7日 時点)
地域商店会等運営支援事業補助金(共同施設整備事業) 共同施設又は設備等の設置及び街路灯のLED化をする市内の商業団体が対象。
ただし、街路灯の修繕については、設置から10年以上経過したものの灯具の交換、ポールの取替え、補強、塗装等が対象。
受けられる補助金 対象経費の30/100以内。
イルミネーションについては年額30万円が限度。 
申請期間
問い合わせ先 経済部 産業振興課 商工振興係
TEL: 0289-63-2182  HP
鹿沼市で利用できる補助金 (2017年4月13日 時点)
鹿沼市家庭用「省・創・蓄」エネルギー設備導入報奨金(平成29年度) 市内の住宅に新品・未使用の対象設備を設置し、対象設備を設置した住宅の場所に住所を有し居住している個人が対象。店舗等との併用住宅又は集合住宅の場合は、自ら居住する部分のみで電力又は熱を使用している者に限る。

対象設備:自然冷媒CO₂ヒートポンプ給湯器(エコキュート)、ハイブリッド給湯器(エコワン)、太陽光発電、燃料電池(エネファーム)、ガスコージェネレーション(エコウィル)、太陽熱利用設備、ペレットストーブ、薪ストーブ、リチウムイオン蓄電池、電気自動車等充給電設備
受けられる補助金 自然冷媒CO₂ヒートポンプ給湯器(エコキュート)…一律3万円
ハイブリッド給湯器(エコワン)…一律3万円
太陽光発電…1.5万円/kw、上限6万円
燃料電池(エネファーム)…1.5万円/kw、上限6万円
ガスコージェネレーション(エコウィル)…1.5万円/kw、上限6万円
太陽熱利用設備…本体価格の1/10、上限4万円
ペレットストーブ…設置費用50万円以上の時、 一律5万円
薪ストーブ…設置費用50万円以上の時、 一律5万円
リチウムイオン蓄電池…設置費用50万円以上の時、 一律5万円
電気自動車等充給電設備…設置費用50万円以上の時、 一律5万円



※鹿沼市で使える商品券を支給 
申請期間 2017/4/1~
問い合わせ先 環境部 環境課 環境政策係
TEL: 0289-64-3194  HP
鹿沼市で利用できる補助金 (2018年4月5日 時点)
鹿沼市家庭用「省・創・蓄」エネルギー設備導入報奨金(平成30年度) 市内の住宅に新品・未使用の対象設備を設置し、対象設備を設置した住宅の場所に住所を有し居住している個人が対象。店舗等との併用住宅又は集合住宅の場合は、自ら居住する部分のみで電力又は熱を使用している者に限る。

対象設備:高効率給湯設備(自然冷媒CO₂ヒートポンプ給湯器(エコキュート)、ハイブリッド給湯器(エコワン)、燃料電池(エネファーム)、ガスコージェネレーション(エコウィル))、発電設備(太陽光発電)、太陽熱利用設備、木質バイオマス利用設備(ペレットストーブ、薪ストーブ)、蓄電及び充給電設備(リチウムイオン蓄電池、電気自動車等充給電設備)
受けられる補助金 高効率給湯設備…2万円
発電設備…1万円/kw、上限4万円
太陽熱利用設備…本体価格の1/10、上限4万円
木質バイオマス利用設備、蓄電及び充給電設備…設置費用が50万円以上の時、一律5万円 
申請期間 平成30年度
問い合わせ先 環境課環境政策係
TEL: 0289-64-3194  HP

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.