> コラム > 環境 新製品:エコ築/ホームトピア

環境 新製品:エコ築/ホームトピア

環境ビジネス編集部

記事を保存

リフォームだから費用1/3
低コストでも最高レベルの断熱性能を実現

新しい家電の方が環境に配慮されていて電気代が節約できる。住宅も同じだ。築20~30年の中古住宅は新築住宅よりもエネルギー消費量が多く、快適性も劣る。とはいえ、そう簡単に家を建て替えることもできない。それならリフォームしようと思っても、高断熱・高気密リフォームは建物全体に手を入れねばならず、コストが高い。

エコ築

ホームトピアの「エコ築」は、低コストで最先端の高性能エコ住宅を手に入れることができるリフォーム商品だ。子どもの独立などで中心となる住空間が変われば、必要な空間にコストを集中させてリフォームできる。さらに「次世代省エネ基準」という国内最高レベルの断熱性能を備えているので、札幌であればひと冬で3トン以上のCO2を削減することも可能。施工コストは約600万円から700万円と、新築費用の1/3程度。エコ築は、すでに新聞や業界紙から注目されており、今後はリフォームの新ジャンル「エコロジーリフォーム」として提案し、今年度100棟、7~8億円の売り上げを目指す。

 
記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.