> コラム > 太陽光発電メーカー比較(国内メーカー)

太陽光発電メーカー比較(国内メーカー)

環境ビジネス編集部

記事を保存

※月刊「環境ビジネス」2010年4月号「太陽光発電の鉄則」の内容を掲載しています。
掲載内容は、2010年2月時点のものです。また、掲載順は順不同です。

太陽電池の導入コストや発電効率、性能などを徹底比較!(国内メーカー編)

補助金効果などで人気の太陽光発電システムですが、実際に購入するとなると、どのタイプのものを選べばいいか、仕様のどのような点に着目すればいいか、など、分からないことは山積みです。

太陽電池には様々な種類があり、メーカーごとにそのタイプが違うため、発電効率が高ければいいというものでもなく、屋根の種類や面積、気候によっても選ぶべき太陽電池は変わってきます。

こちらのページでは、メーカー別に、代表的な太陽光パネルの性能や特徴を徹底比較!太陽電池選びの参考にして下さい。


三洋電機 「HIT太陽電池」

三洋電機 「HIT太陽電池」

太陽電池のタイプ
HIT(アモルファス+単結晶のハイブリッド)
サイズ
1,319×894 mm
保証
10年保証
1kWあたりの価格
70万円程度
モジュール変換効率
17.0~16.4%
最大出力
210W・200W


製品ラインナップ
寄棟屋根の千鳥配置に適したものなど、3タイプで、いずれも長方形。
特徴
変換効率の高さに加え、発電量の多さが最大の特徴。単位面積当たりの発電量は世界1位。通常の結晶シリコンに比べて変換効率が高く、夏期など高温時でも出力が落ちにくいアモルファスの特性も備える。また、他社に比べて高価格だが、同等の発電量で比較した場合に他社より軽量。


京セラ 「SAMURAI」「ECONOROOTS」

京セラ 「ECONOROOTS」

太陽電池のタイプ
多結晶シリコン型
サイズ
45×1,015 mm、345×1,354 mm(SAMURAI)/
1,338×1,012 mm(ECONOROOTS)
保証
10年保証(定期点検を前提に)
1kWあたりの価格
約60万円(ECONOROOTS)
モジュール変換効率
15.9%、15.7%(SAMURAI)/
13.5%(ECONOROOTS)


最大出力
62W、46W(SAMURAI)/183W(ECONOROOTS)
製品ラインナップ
SAMURAIは組み合わせて設置する長さの違う2種類。ECONOROOTSは切妻屋根対応と陸屋根対応の2種類。
特徴
SAMURAIは、通常サイズの太陽電池に比べ屋根の形状に合わせて隙間なく設置が可能。屋根面積を最大限利用し、外観が美しく仕上がる、デザイン性に優れたSAMURAIと、コスト重視のECONOROOTSから選択できる。


シャープ 「SUNVISTA」

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.