> コラム > 住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント(提案書編)
住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント

住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント(提案書編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

購入を決めてから、調査・提案・設置・サポートまでの流れ
太陽光発電システム販売・施工会社選びのポイント

提案書におけるチェックポイント

現地調査とヒアリングのあと、事業者から、それぞれの家に合ったシステムの提案が行われる。提案では、見積書とともに、設置図面(屋根への太陽電池モジュールの配置図)と光熱費のシミュレーション、メーカーカタログが提示される。なぜそのシステムが最適なのか、といった理由も説明してくれるだろう。以下、各書類のチェックポイントをまとめてみた。

1. 設置図面が添えられているか?

立面図をみるか、屋根を実測して、設置図面を描いてくれる事業者であることが必須条件である。どの太陽電池モジュールをどのように設置できるか。また、それにより、どれくらいの発電量が得られるかは、プロでも屋根に合わせて設置図面を描いてみるまで判断できない。設置図面はすべての基本となるものだ。

2. 見積書の内容について

2-1 一式ではなく明細でもらう

見積書には、システム機器と施工に関する価格が明記されている。システム機器の明細は、太陽電池モジュールのほか、パワーコンディショナー、架台など。施工の明細は、電気工事費のほか、屋根にモジュールを設置するための架台設置費やモジュール設置費など。「太陽光発電システム一式」と書かれている場合は、明細を教えてもらおう。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.