> コラム > 住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント(商談編)
住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント

住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント(商談編)

環境ビジネス編集部

記事を保存

購入を決めてから、調査・提案・設置・サポートまでの流れ
太陽光発電システム販売・施工会社選びのポイント

商談におけるチェックポイントは?

1. デメリットについても説明してくれるか?

信頼できるのは、太陽光発電システムのメリットだけでなく、デメリット等についてもきちんと説明してくれる事業者である。特に、以下の3つの点については、きちんと説明をしてもらおう。

1-1 天候や季節により発電量が異なる

晴れの日と比べて、曇りや雨の日は発電量が落ち、季節によっても発電量は変動する。地域や屋根の向きによっても発電量は違ってくる。シミュレーションの数値は、それらを加味したものなのかも確認しておこう。

1-2 設置後にかかる費用

太陽電池モジュールの耐用年数は約20年以上と言われているが、パワーコンディショナーなどの周辺機器の耐用年数は約10年~15年といわれている。10年後には、周辺機器の更新費用も必要となる。また、メーカーによる10年間の保証は、有料の定期点検の実施を前提としている場合もある。設置後にかかる費用について聞いておこう。

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

住宅用太陽光発電の販売・施工会社の選び方・ポイント バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.