> コラム > オバマの環境エネルギーチーム 真の狙いはアメリカ流ベストミックス 規制対象事業場は約5割に拡大
オバマ政権のグリーン・ニューディール政策

オバマの環境エネルギーチーム 真の狙いはアメリカ流ベストミックス 規制対象事業場は約5割に拡大

環境ビジネス編集部

記事を保存
バラク・フセイン・オバマ米大統領

バラク・フセイン・オバマ米大統領
"環境エネルギーチーム"には、クリントン政権でアル・ゴア氏の下、環境政策で手腕を振るったメンバーが入閣した。真の狙いはけっして再生可能エネルギー偏重ではなく、国内資源も有効活用するベストミックスととらえられる

今後10年間で1500億ドルを環境事業に投資をし、約500万人の雇用創出を目指すと打ち上げられた「グリーン・ニューディール政策」。その実現のため「環境・エネルギーチーム」が編成された。

なかでも、スティーブン・チュー エネルギー庁長官とキャロル・ブラウナー エネルギー・気候変動政策担当大統領補佐は環境政策を左右する重要な人物と見られている。この2人の経歴や活動から、『グリーン・ニューディール政策』の方向性を探る。


  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

オバマ政権のグリーン・ニューディール政策 バックナンバー

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.