> コラム > 廃食油で目黒川の桜をライティング

廃食油で目黒川の桜をライティング

環境ビジネス編集部

記事を保存

地域の飲食店、一般家庭から集めた廃食油をバイオディーゼルに再資源化し、目黒川沿いの桜並木を21万個のLEDを灯す「目黒川みんなのイルミネーション」が開催されている。

往復1500メートルに渡って桜色のLEDが灯されている

往復1500メートルに渡って桜色のLEDが灯されている
(Copyright:目黒川みんなのイルミネーション実行委員会事務局)

11月16日、目黒川では“冬の桜”が満開となった。これは、新エネルギーの利用と啓蒙を目的とした「目黒川みんなのイルミネーション」実行委員会によるイベントで、目黒川沿いの桜並木を21万3200個に及ぶ桜色のLEDライトで装飾したものだ。

(※全文:684文字 画像:あり 参考リンク:なし)

  • まだ会員登録されてない方

    新規会員登録無料
  • 既に会員登録されている方

    ログイン

会員登録3つの特典

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.