> コラム > 「LED農園」のレタスに付加価値はあるのか?

「LED農園」のレタスに付加価値はあるのか?

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

玉川大学(東京都町田市)と西松建設(港区)が産学連携事業として手掛けるLED農園「サイテックファーム」で水耕栽培されたリーフレタスが、2月1日よりOdakyu OXの16店舗で店頭に並ぶ。

玉川大学構内に設置された「サイテックファーム」で栽培されたのはレッドファイヤー、グリーンウェーブ、フリルレタスの3種類。レタスは、赤色LEDで栽培すると甘味とビタミンが豊富に育ち、青色で栽培すると風味と抗酸化作用が強くなる。

同ファームでは、こういった作用を利用して赤、青、緑のLED3色を組み合わせて光を微調整することで、栄養価を高めたり、風味をコントロールすることを可能にした。

(※全文:774文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.