> コラム > 畜産廃棄物でバイオガス(2) 近郊型畜産業の問題を解決

畜産廃棄物でバイオガス(2) 近郊型畜産業の問題を解決

Green Prospects Asia

 印刷 記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

マレーシア、ペナン州にある大規模養豚業者の1社が、嫌気性消化システムの実証実験を終え、州で初めてとなる畜産廃棄物からのバイオガス精製プラントの設置を検討している。検討は数ヶ月以内に完了し、契約に至る見込みだ。

4.8haの土地でおよそ14,000頭の豚を飼育しているKB Wong&Brothers社は、同社の農場の一部で実証実験を行ったSustainable Biofuels Malaysia(SBM)社と、現在契約条件の最終確認を行っている。

(※全文:1938文字 画像:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

この記事について

Green Prospects Asia
Green Prospects Asia
グリーン・プロスペクツ・アジア(Green Prospects Asia、GPA)は、アジア太平洋地域の環境ビジネスに特化した無料のウェブマガジン(英語)です。公式サイト(http://www.greenprospectsasia.com)から登録することで、毎月PDFファイルがダウンロードできるメールマガジンが届きます。広告掲載のお申込みは、公式ウェブサイトにある料金表をご参照ください。(英語)  
※元記事URL:http://www.greenprospectsasia.com/content/penang's-first-pig-waste-energy-plant-pipeline
 印刷 記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.