> コラム > 2018年にも「発送電分離」が実現か 経産省が報告書を発表

2018年にも「発送電分離」が実現か 経産省が報告書を発表

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

経済産業省の電力システム専門委員会(委員長・伊藤元重東京大学教授)は、「発送電分離」を盛り込んだ報告書をまとめた。

報告書は、「送配電部門の法的分離には、分離に向けた準備や給電指令システムの対応等、万全の備えが欠かせない。また、料金規制の撤廃には競争の進展が前提となる。そのため、相当の期間を置き、事業環境等も踏まえた上で実施を行う」としており、5~7年後(2018年~2020年)を目途に、法的分離を実施することを提言している。

(※全文:694文字 画像:あり 参考リンク:あり)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.