> コラム > パネル価格の40%下落が要因 独ボッシュ、太陽光事業から完全撤退

パネル価格の40%下落が要因 独ボッシュ、太陽光事業から完全撤退

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

世界最大の自動車部品メーカーの独ボッシュが、2014年までに太陽光発電事業から完全撤退する。今月22日に発表した。

ボッシュは07年、太陽光発電事業に本格参入。08年に太陽電池大手エルソル・ソーラー・エナジー(独)、09年に太陽電池パネル製造メーカーのアレオ・ソーラー(独)といったベンチャーを買収するなどして事業規模を拡大してきた。

(※全文:916文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.