> コラム > 廃棄物からレアメタルを溶かさず取出す最新技術

廃棄物からレアメタルを溶かさず取出す最新技術

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

廃水処理や汚染土壌の洗浄で発生する汚泥の削減。廃家電からの効率的なレアメタルの回収。早稲田大学創造理工学部環境資源工学科の所千晴准教授は、「粉体プロセッシング」技術でこれらのテーマに挑戦している。

早稲田大学創造理工学部・環境資源工学科 所千晴准教授

早稲田大学創造理工学部
環境資源工学科
所 千晴 准教授

様々な物質が混じり合った鉱石から金属などの有価物だけを採り出すには、最終的には固体を溶かす方法が効率的だが、そのためには、膨大なエネルギーが必要になる。これに対し、鉱石に含まれる有価物を濃縮して、その溶かすエネルギーを最小限にするミネラルプロセッシング(鉱物処理)技術は、最も古い産業技術のひとつだ。

現在では、鉱石に留まらず、人工物を含むあらゆる固体から、これを溶かさずに固体の状態のまま必要な物質の粒子を分離する「粉体プロセッシング」として発展しており、この技術はもっとも環境負荷が小さい分離方法だが、粉体は液体のように均質ではないため、目的の物質だけを分離するのは、簡単ではない。

この粉体プロセッシングに、物理、化学、電気などの最新技術・理論を用い、より効率的な分離方法を開発しようというのが、早稲田大学創造理工学部・環境資源工学科の所千晴准教授だ。

(※全文:2,273文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.