> コラム > 太陽光発電の発電状態を可視化する技術

太陽光発電の発電状態を可視化する技術

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

大阪大学と大日本スクリーン製造は、太陽電池の発電する瞬間の可視化に成功した。開発者である大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの斗内政吉教授は、「この技術が、日本の太陽電池産業の脱価格競争につながれば」と、期待する。

大阪大学レーザーエネルギー学研究センターの斗内政吉教授と大日本スクリーン製造は、1兆分の1秒という瞬間的な太陽電池の発電状態の可視化に世界で初めて成功した。太陽電池が発電する瞬間の状態を把握することにより、太陽電池内部の発電の仕組みを解析できるため、より発電効率に優れた太陽電池の開発や評価につながる可能性が大きい。今後は、さらにこの技術の実用化に向けた研究を進めていく考えだ。

1000兆分の1秒のパルス波で検出

今回の共同研究で大きな役割を果たしたのは、「レーザーテラヘルツ放射顕微鏡(LTEM)」だ。これは、世界で初めて、斗内教授の研究室が開発したもの。

一般的に、物質に光を当てると電子が動き、電子が動くと電流が流れるが、LTEMは、この原理に基づき、太陽電池にレーザー光を照射することで発せするテラヘルツ波を検出する。

(※全文:2,031文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.