農業はもともと作物とエネルギーを供給する仕事だった ― 考案者の長島彬氏に聞く(後篇)

  • 印刷
  • 共有

農業と太陽光発電を両立させるソーラーシェアリング。その考案者であるCHO研究所の長島彬氏はこの10年余り、一貫してその普及に向け、尽力してきた。その熱意がみのり、今年3月末、農林水産省から支柱部分のみの一時転用を許可するとの指針が出され、ソーラーシェアリングが事実上、認可されるかたちになった。長島氏にソーラーシェアリングを考案するに至った経緯や、今後の普及への道筋を聞いた。

前回の続きから)

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事