> コラム > 遊休地を探し発電事業者に紹介 浜松市ソーラーセンター

遊休地を探し発電事業者に紹介 浜松市ソーラーセンター

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

浜松市は10月22日、浜名湖国際頭脳センター(西区)に太陽光発電の事業化支援を行う浜松市ソーラーセンターを開設した。日照時間で国内トップクラスの同市は電力自給率を11年の5.1万MWhから30年までに57.4万MWhまで高める政策をとっており、同センターの開設はその一環。浜名湖国際頭脳センターが運営し専門相談員ら4人を常駐させる。

太陽光発電の設置のポイントや行政手続き、事業計画の策定やメンテナンス方法などについて助言するほか、発電所用地も紹介する。これは太陽光発電事業用地登録・マッチングとして行われるもので、市内およびその周辺の遊休地や遊休屋根などソーラーパネルを設置できる場所を捜し出して集め、地主と事業者とマッチングする。

(※全文:970文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.