> コラム > 住宅太陽光発電市場に何が起こったか?

住宅太陽光発電市場に何が起こったか?

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

資源エネルギー庁は、先日今年7月末時点の再生可能エネルギー発電設備の導入状況を取りまとめ、公表している。

太陽光発電設備の導入は順調に継続しているが、FIT導入後、昨年7月から今年7月末までに運転開始した再生可能エネルギー発電設備の発電出力を電源別にみると、

  • 住宅用太陽光が152.1万kW(2011年以前の導入量約440万kW)
  • 非住宅用太陽光が239.5万kW(2011年以前の導入量約90万kW)
  • 中小水力は0.3万kW
  • バイオマスは10.1万kW
  • 風力は6.6万kW
  • 地熱は0.1万kW

というところである。もう少し細かく見てみよう。

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.