> コラム > 5年で1隻1億円の燃料費削減 低CO2川崎ブランド2013発表

5年で1隻1億円の燃料費削減 低CO2川崎ブランド2013発表

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

p> 川崎市がこのほど「低CO2川崎ブランド2013」を発表した。

ライフサイクル全体でCO2を削減する市内企業の製品や技術、サービスをブランドとして認定する制度で、製品・技術部門から10件、サービス部門で1件が選ばれた。独自性、先進性、川崎らしさを選考基準とし最もすぐれた技術やサービスに大賞も贈られる。

今年度はエクサの船舶省エネ運航支援システム「FCRNavi ECO+(エフシーアールナビエコプラス)」が大賞を受賞した。船舶の運航情報をリアルタイムに把握しスクリューの推奨回転数や航行ルートなどをデータ分析で提示する最適運転の支援システムで、船舶1隻あたり5年間で1億円以上の燃料費削減が期待でき、従来方式と比べて約5%CO2排出量を削減する。

(※全文:1,016文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.