温度調節でバイナリー発電 長野・七味温泉が3月本格稼働

  • 印刷
  • 共有
七味温泉ホテル渓山亭、男性用外風呂
七味温泉ホテル渓山亭、男性用外風呂

長野県上高井郡の七味温泉ホテルはIHIから20kWの小型バイナリー発電装置を1台導入し、3月下旬の稼働を目指す。設置するのは最大送電端発電出力20kWのパッケージタイプ「ヒートリカバリー"HRシリーズ"」で、七味温泉ホテル渓山亭の温泉井戸で発電する。

続きは有料会員登録後にお読みいただけます。

  • オンラインでは実務に直結する有益なオリジナル記事を掲載
  • 登録月(購入日~月末)は無料サービス
  • 環境設備の導入・営業に役立つ「補助金情報検索システム」も利用可能
  • 本誌「環境ビジネス」の電子ブックも読み放題
月額
1,300
年額
15,600

関連記事