> コラム > 原位置浄化、4割が微生物処理を実施 土壌環境センター、調査発表

原位置浄化、4割が微生物処理を実施 土壌環境センター、調査発表

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

一般社団法人土壌環境センターは、「土壌・地下水汚染の措置・対策等の技術適用」に関するアンケート調査を実施した。

同センター技術委員会では、センター会員企業が実施した土壌・地下水汚染の措置・対策における適用技術等に関し、従来行われている調査では明確な技術動向が把握し難いと考え、平成23年度からアンケート調査を実施、今回で3回目の調査となる。アンケート調査は、平成25年7月1日~31日で実施、会員企業119社に調査票を配布し、71社から回答を得、378件分の調査票が回収された。

回答のあった、378件について、対策の契機となった理由は「法による調査」76件(19%)、「条例等による調査」37件(9%)に比べ、「自主調査を契機とするもの」は280件(69%)と圧倒的に多かった。措置・対策の対象となった汚染物質については、揮発性物質(有機塩素系化合物、ベンゼン)が139件、重金属等が233件、油分が40件だった。

選択された措置・対策技術は、「土壌汚染の除去」が圧倒的に多いが、その他にもさまざまな措置・対策方法が取られている。

(※全文:1,012文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.