> コラム > 再エネ先進地域・岡山県の野心的プロジェクト 進むスマートタウン構想

再エネ先進地域・岡山県の野心的プロジェクト 進むスマートタウン構想

環境ビジネス編集部

記事を保存

スタンダード会員登録 のあとに ログイン していただくと全文をご覧いただけます。

岡山では、全国有数の日照時間と豊富な森林資源を背景に、メガソーラー発電やスマートタウン構想など、地域資源を生かした産業の振興と地域の活性化計画が進んでいる。

2013年12月末時点で岡山県のメガソーラー発電所は24カ所、総出力約41.7MWで発電量4,877万kWh/年。全国のなかでもトップクラスの実績だ。その理由は雨が少なく晴れの日が多いという恵まれた日照条件と県の施策にある。

11年3月に策定した「おかやま新エネルギービジョン」は県の優位性を生かせる太陽光発電を重点分野の一つに位置づけ、20年までに25件のメガソーラーの誘致を計画した。県産業労働部産業企画課新エネルギー推進室室長の小林健二氏は「メガソーラーを設置できる遊休地を探し、事業希望者に情報提供するとともに、立ち上がりの12年度には補助制度も設けました」とその積極策を強調する。施策は的中、多数のプロジェクトが実現した。

赤磐市と西粟倉村でスマートタウン構想

もう一つはスマートタウン構想だ。小林氏は「再生可能エネルギーを活用することで、新たな視点での地域の活性化と産業振興を図ります」と狙いを語る。

(※全文:2,222文字 画像:あり 参考リンク:なし)

スタンダード会員の方はここからログイン

記事を保存

環境セミナー・イベント情報

関連カテゴリ

Copyright © 2012 日本ビジネス出版. All rights reserved.